HISTORY

鶴 篤介
TOKUSUKE TSURU
大正13年生まれ
鶴得介商店創業者
つる履物店 初代店主

林木商から一転し、つる履物店を創業。
激動の時代を生き抜き、リアカーを引きながらの下駄の行商を始める。

鶴 正英
MASAHIDE TSURU
(有)鶴得介商店
代表取締役社長
1942年福岡県生まれ
つる履物店2代目店主

ウォーキング・コンフォート分野が靴業界でまだ注目されていない頃からこれに取り組み、業界随一の深い知識と感性で、これまで数えきれない程の顧客の歩行改善に寄与している。長年、地域のウォーキング団体の発展にも貢献している。

鶴 邦弘
KUNIHIRO TSURU
(株)日本健康寿命延伸協会
代表取締役社長
1968年福岡県生まれ
つる履物店3代目店主

自身のケガや腰痛から、靴が身体に与える影響力の大きさを知り、その後の研究を通じて、独自の歩行・インソール理論を確立する。
目指すは「不老大国 日本」の樹立。
その野望を胸に、日夜奔走する。


現在の日本は、「歩行に不安のある人」「足に痛みや症病をかかえる人」で溢れかえっています。

高度経済成長期を経て、成熟安定期に入った日本。高度情報化社会に入り、全てのものが進化を遂げてきました。AI、ロボット、IOTは今後、更なるスピードで世界を席巻していくでしょう。

それと同時に様々な社会問題が表面化してきました。その1つがロコモティブシンドローム(Locomotive Syndorome)と呼ばれる「運動器症候群」です。カンタンに言ってしまえば運動器の障害により「要介護になるリスク」が高い状態になることです。
運動器の働きが衰えると介護の必要性が高くなり、寝たきりを引き起こす要因にもなる。これは日本だけの問題ではありません。
全世界が「歩行退化」。つまり歩かなくて良い時代に向けて疾走を始めているのです。

現在、我が国の糖尿病人口は950万人に。高血圧人口は4千万人に。高脂血症人口は2千万人。認知症人口は500万人。厚生労働省は、2025年には認知症人口は700万人を超えるとの推計値を発表しています。これらは全て「歩くこと」で大幅に改善されるものばかりなのです。ちなみに江戸時代からすると日本人の歩く距離は6分の1に減っているそうです。1日の座っている時間も世界1位。
寝たきり期間も堂々の世界1位。


「不健康長寿大国」。
この現在の危機的な状況が分かってくるにつれて、使命感が生まれ始めました。
この「歩行退化」が及ぼす社会問題に真っ向から取り組み、そして解決する業態を作らねばならない。必要性を強く感じました。

昭和22年に初代が材木業から一転して創業した履物店はその後靴屋に。これを平成27年にリニューアルし、「生涯現役自立歩行」をテーマに全てを刷新しました。
「歩行改善」をテーマにした介護施設、そして「足からの療育」をテーマにした児童福祉事業を加え、ARKTo+は第2創業のスタートを切りました。

「人々が、一生涯自分の足で歩き、自信とプライドをもって生活できる社会作り」

これを使命とし、「歩行」における新しい付加価値を生み出せる企業づくりをしていきます。

MORE CONTENTS

  1. HISTORY

    HISTORY

    鶴 篤介TOKUSUKE TSURU大正13年生まれ鶴得介商店創業者つる履物店 初代…

    HISTORY
  2. COMPANY

    COMPANY

    沿 革1947年材木業から業態変更し、「つる履物店」創業。1985年法人化し、(有)…

    COMPANY
  3. 下駄

    下駄

    組み合わせ700通り!オンリーワンの一足「八女の下駄tamaki」この「tamaki」を履いて立つと、体の重心が一直線に…

    下駄
  4. POCO

    POCO

    OPEN 9:00〜18:00 CLOSE 日曜、年末年始〒834-0031 福岡県八女市本…

    POCO
  5. 靴

    OPEN 365日CLOSE 年中無休これからの時代に何が求められるのか?どんな変化・革新が必要…

  6. STAFF

    STAFF

    STAFF
  7. 多世代交流 共生型デイサービス「夢叶う」

    多世代交流 共生型デイサービス「夢叶う」

    茶話本舗は、「多世代交流 共生型デイサービス「夢叶う」」と名称が変更となりました。古民家を活用した、…

    多世代交流 共生型デイサービス「夢叶う」
PAGE TOP